So-net無料ブログ作成

デング狂想曲 [裏拳]

ここ数日、代々木公園に生息する蚊が媒介したのではないか? と 

デング熱に関する報道が続いています。

最初に「渡航歴のない人がデング熱を発症」と聞いたときに思ったのは

「あぁ、ついに日本も亜熱帯確定か~」でした。

帰国後しばらくは

「日本の蚊にさされても、デングやマラリアの心配はないから大丈夫~」と

ムヒを片手にへらへら笑っていたものの

年齢的に虫さされの後が治りにくくなったので(笑)

庭に出る時は虫よけスプレー、夕方には玄関の『外』で蚊取り線香を焚いておりました。

今年から見掛けるようになった某メーカーのバラの香りの蚊取り線香に

インドで売られていた蚊取り線香の香りに似たものを感じて

懐かしく過ごしていました。

実行するようになって思ったのは、インド式の「外で焚く蚊取り線香」方式の合理性。

家の中に臭いが充満することも無く、出入り口付近で蚊を遠ざける。

本来、インドの蚊取り線香は「殺虫」目的ではなく「忌避」なので

家の中に入ってしまった蚊を仕留めるには不向きです。

そのせいで懐かしの「電撃蚊取りラケット」なども併用したり

家の中では日本の蚊取り線香を使ったりしていました。

夫も私も数回デリーで高熱を出し、関節の痛みに耐えながら寝込んでいたことがあるのですが

ふたりして考えるのは

「あれはデングや否や?」

あ~でもない、こ~でもない、と言いながら、結局のところは

重症化してなかったし、今更分からないよね~、でおしまい。

重症化して輸血が必要になる場合もまれにあり、日本人会を通じて

「献血のお願い」メールがまわる場合もあったので、

たかが蚊、となめてかからないようにしています。

家の外で焚く蚊取り線香を見るたびに、

いつも朝夕2回、ドアの外でマッチをすっていたメイドちゃんを思い出す夏でした。


nice!(7) 

スイカを食べて思い出すこと [裏拳]

先日、所属しているボランティア団体の日帰りバス旅行に行った際、

とある神社の境内脇の売店で夫へのお土産を買いました。

ご当地のお菓子でも、ストラップでもなく、買ったのは

スイカ。   スイカ丸ごと一個(中玉)

丸ごと一個のスイカを買うのはずいぶん久しぶりだなぁ、と振り返ってみると

インド駐在以来でした。

ローカルマーケットでラグビーボール型のスイカをみつけ

しばしば丸ごと買い、暑い時期の水分補給に味わったものでした。

当時、マダムとしては未熟で、ドライバーやガード(門番)達に

どのように接していいのか迷う日々でしたが

丸ごと一個のスイカをぶら下げて帰宅する私に集まる

熱い視線を感じた時、勝利の予感を感じたのでした。

暑い中で働く(ほとんどが座ってるだけだけですが・・笑)

彼らにとって水分補給は大切なこと。

洗って冷蔵庫で冷やしたスイカを半分に切り、

メイドちゃんに「これを切ってみんなで分けてね」と

ガードの交代時間に渡してと指示し

窓からそっと様子をみてみました。

仕事を終えたガードと、これから勤務に就くガード、

ドライバーの三人が嬉しそうにスイカにかぶりつく姿は

夏休みの子供のように無邪気でかわいいものでした。

赴任直後は、肌の色の濃さで表情を読めず

うろたえているのを隠しながら、気を張って生活していましたが

食べ物に集まる彼らの表情を観ていると

なんだ、人間も動物も、どこでも同じじゃん、

気持ちがあれば通じるんだな~、ということでした。

お皿に乗ったスイカに向かって

ガードもドライバーもわらわらと・・・わらわら?

だれ? そのチェックのシャツのおっさん?

青いTシャツのお兄さん・・・?  誰~~~~?

隣近所のガードや、そこに遊びに来ている人など、

何故か我が家のスタッフ以外の人も、カブトムシのように群がって

冷えたスイカを味わっていました。

自分の家のスタッフだけにあげたつもりが

見知らぬおっちゃんにまで、ふるまうことになる不思議な景色。

先輩マダムが

「大きなポットいっぱいのチャイを渡していたら、よそのガードまで飲んでいた! 

腹が立ったので、『チャイは買いなさい!』ってチャイ代金をお金で渡すように変えたのよ!」

と、仰っていた時は、

あつかましい!と怒っていることに「気持ちはわかる」と思う一方、

彼らの日々の生活を見ていると「持っている人が分け与えるのはあたりまえ」という

感覚もあるので「見逃してあげればいいのに」とも感じたのです。

確かに、茶葉、ミルク、砂糖のお金を考えると

よくわからない隣近所のガードにまでチャイをふるまうことに

釈然としない気持ちもわかるのですが 

「ええやん、大金ちゃうし、死ぬわけちゃうし・・・」と思ったのは秘密です。

スイカ、ポップコーン、クッキー・・・・

いろいろなもの で 餌付け  をおすそ分けすることで

「いつもおやつを出してくれるマダム」ではなく、

(実際に渡すのはメイドちゃんですが)

0その夫の株が近隣のインド人スタッフの間で上がっていったのでした(笑)。

なので、夫が出勤するとき、帰宅するとき

両隣りのガード、お向かいのガード、訳のわからないお兄さんなどなど

みなさん、立ち上がって夫の顔を見ながら

お見送り、お迎えしてくれる景色は

なかなか見ものでした。

ま、お仕事して稼いでいたのは間違いなく夫でしたからね。

家庭での力関係を見られたら、あれほどの尊敬を

勝ち取れたかどうかは疑問です(笑)。

スイカを切りながら、

「みんな元気かな?」と、懐かしくなるのです。

・・・・そんな我が家の裏庭に一本だけ植えてみた

ラグビーボール型のスイカ。初めて植えたスイカ。

農業素人の私の想像を超える成長ぶりで

歩く場所が無くなってしまいました。

実・・・・・できるのかな?  

もし失敗したら、またいつかインドに行って丸ごと買おう!


nice!(9) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。