So-net無料ブログ作成
インドガス事情 ブログトップ
前の3件 | -

都市ガス [インドガス事情]

 

例によって料理中にガスが切れてしまった。

  デリーのガス事情はコチラ>>

予備のガスシリンダーへの交換を夫に頼み、

台所で待っていると

「ガードも手伝ってくれて、交換しようとしたら二つもの空だったよ」

と、無常のガス無し宣告。

 

「えええええええええ」

前回、ガスが切れた後

注文し忘れたのか?

それとも、注文したのに配達が来てなくて

注文したことすら忘れていたのか?

 

腕を組んでいくら考えても、ガスは湧いてこない。

 

仕方がないので、電気鍋と電子レンジで調理を済ませ

翌朝、メイドちゃんの助けを借りて

ガスシリンダーの注文をするも・・・・・

 

2日経っても、4日経っても届きませぬ。

(いつものことよね?)

その間、カセットコンロ用のガスや電気鍋をフルに使い

ひたすら電話をして、待ってみるものの1週間経ってもやはり来ない。

 

今回はガス会社と戦う(笑)のをあきらめ

ドライバーにお金とカスタマーナンバーを書いたメモを渡して

「ガスシリンダー、買ってきて」と、お使いを頼むことにする。

 

「イエス、マダム」と返事をしながら

ガスシリンダーを持ち上げたドライバーが、微妙な顔をして・・・・

「マダム、このシリンダー・・・ガス入ってるけど・・・?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

よくよく見ると、配達直後のプラスティックキャップがついたまま。

2本とも空だと思っていたら、予備のシリンダーは満タン。

夫の勘違いと、ガードの勘違い。

勘違いの二重奏。

 

喜んでいいのか、悪いのか・・・?

 

そして、10日後に配達されてきたガスシリンダー・・・。

これもまた例によって、我が家のガス奉行2名(ガードとドライバー)の

人間計量器が持ち上げてみたら、

「軽すぎる!」 と、いうことで

(体重計に乗せてみたら、マイナス4キロ)

配達人に持ち帰らせることになってしまった。

奉行ふたりに、にらまれては

マダムも「それでいいよ、もう」とは言えなくなってしまう。

 

 

我が家の前の道路、確かに都市ガスが通っているはずなのに

いまだに、我が家には都市ガスへの切り替え工事も

お知らせも来ない・・・・。

同じブロックの、2筋だけ離れた家には

工事関係者が確認に来た、という情報があるのに 

それから、既に1ヶ月。

 

ガスシリンダーの配達と、都市ガス切り替えと

いったいどっちが先だろう(笑

 

どっちも来なかったらどうしよう? banner2ma.gif にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村  注文したのを忘れたらどうしよう(笑

nice!(11)  コメント(13) 
共通テーマ:地域

ガスシリンダー レポート [インドガス事情]

 

3月31日(火) 夕飯の支度中にガスが切れ、予備のガスシリンダーと交換

4月 1日(水) ガス会社に電話注文する

          「イエス、マダム。トモロー アフター2オクロック」

           という返事が返ってくる。

 

この"tomorrow after 2 o'clock"  の

afterはいったいどこまを含む意味なのか?

 

この言葉を発したのが日本人であれば

「明日の2時前までの配達はムリですが、その後は大丈夫です」の意味。

明日の2時過ぎには配達されるに違いない。

 

けれど、この言葉を発したのはインド人、しかも

殿様商売全開の半官半民ガス会社。

「明日の2時前までは絶対に行かないよ。

明日の2時を過ぎた後~いつになるか分からないその時」

という意味に違いない。

 

さぁ、after がどこまで含むのかを見届けてやろうではないの!

 

メモ用紙にしっかりと記録を付けて、戦闘体勢を整える!

 

4月2日(木) 予想通り、いつまでたってもガスシリンダーは配達されなかった。

4月3日(金) ヒンドゥ教の祭日なので、配達する気はないに違いない、と放置。

4月4日(土) 昨日、お祭りなので、配達を期待するだけ無駄、と放置。

4月5日(日) 日曜なので、放置。

     

4月6日(月) 1度目の催促電話。その返事は

         " today"

          ホントに今日持ってくるのか、興味津々で待ってみる。  

 

 

          インドだもの、来るわけ無い。

 

4月7日(火) ジャイナ教の祭日なので、どうしようか迷ったものの

         一応、2度目の催促電話。その返事は

         " today"

          

         以前まではやたらと "tomorrow" を連発していたのに

         今回は " today" 連発。

         どうやら todayには

         「いずれそのうち」という意味が含まれるようだ。

 

         国によって訛りが違うだけでなく、

                 意味も違ってくる英語ってスゴイ。

         当然この日も来ない。 

 

4月8日(水) 3度目の催促電話。 返事は "tomorrow"

                 敵もたまには変化を好み始めたように見える。

 

4月9日(木) 午後3時、ガスシリンダーが配達されてくる。

         最初に電話してから1週間。

         前回、300ルピーーを越えていたのに、

         値下げされ、なんと280ルピー。

         驚いた事に、ちゃんとお釣りを持ってきた!

 

         さらに驚いた事に配達伝票のほかに、

         「受取伝票」があり、受領のサインを記入するように

                  システムが変わっていた! 

          もう、ヤミへの横流しができないって言う事?

 

 

 

ツマラン・・・・。

注文してたった3回の催促で

たった1週間で配達されるなんて・・・・。

 

今回は道行く配達人を捕まえて、

ヤミで買ってみるくらいの意気込みだったのに、 

こうもアッサリ配達されてしまうとは、非常に残念で仕方無い。

 

 

たった3回の催促電話、わずか1週間で配達されるなんて

インドはいったどうなってしまったのかしら

 

 

おいおい!って突っ込みたくなった人はポチッとね banner2ma.gif

 

 


nice!(12)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

敗北宣言 [インドガス事情]

 

「来ない、来ない」と待ち続けているガスシリンダー。

簡単な解説をさせていただくと、以下のような事になっています。

 

販売しているのは半官半民(らしい)の会社。

ガスを「買う」のではなく、「売ってもらう」には顧客番号がなければいけません。

この番号を手に入れる手続きもややこしいらしく、

たいていの日本人は前任者から引き継いでいます。

うちなんて、何度も訂正しているにも関わらず、

去年も、時々は前任者の名前で配達されてました。

 

長期出張などで1年くらいの滞在予定だと、手続きがうまくいかず

公式ルートでガスが買えない場合もあるようです。

でも・・・欲しい。

そんなときは、

 

 

『旦那ァ、蛇の道はなんとかっていいやすでしょう、フッフッフ』状態ですね。

つまり、Black Market (ヤミ)で買う。

足元を見られて少々高くなると聞いた事もあります。

使用人のインド人スタッフに頼むと、顔見知りの配達人に頼んで

横流し(=他人の注文の横取り)してもらえるような話も・・・。

 

つまり

ウチのガスシリンダーもそういう状態で届かないんでしょう。

 

2本キープしているシリンダーの1本は既に空っぽ。

使用中のシリンダーは既に1ヶ月。

年末年始、インドには関係ないので通常営業ですが

留守の間に届いたり、煮込み料理の最中にガスが切れても困るので

とうとう根負けしてドライバーに買いに言ってもらいました。

 

かと言って、今まで注文し続けた分が

きちんとキャンセルされる訳でもないいい加減な仕組み。

新しいガスシリンダーを手に入れた瞬間から

あれほど待ち焦がれたガスシリンダーなのに

「どうぞ、配達人が来ませんように!」と願い続けるこの矛盾。

 

あぁ、胸の中は敗北感でいっぱい。

ガスは手に入れたのに~~~~~!!

 

マーフィの法則の予感? →  banner2ma.gif
nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の3件 | - インドガス事情 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。