So-net無料ブログ作成
検索選択
マダムっぽい生活 in インド ブログトップ
前の3件 | -

ふたつのタージ [マダムっぽい生活 in インド]

 

デリー市内にホテルは多くありますが、

その中にも「タージ」が付くホテルがふたつあります。

 

 

一昨年、ムンバイテロの現場になったホテルと同じ名の、タージマハルホテル。

もう一軒はタージパレスホテル。

タージマハルホテルのロビー ↓  きれいでしょ?

タージマハルホテルロビー.JPG

タージマハルホテルロビー2.JPG

 

タージパレスホテルには、大きなボールルーム(日本で言えば宴会場)があるので

例年日本人会の忘年会会場になっています。

タージマハルホテルにはwasabiという有名な寿司レストランがあります。

 

先日、友人とタージマハルホテルで待ち合わせ

ロビーで待っていたところ、携帯に連絡が入り

「ごめ~~ん!  電話しながら玄関前で車をおりたら

タージパレスに着いてた!  今からそっちに向かうから、遅れます!」

 

10分ほど待つと、ドライバーに「タージマハルホテル」と言ったのに

タージパレスに連れて行かれた。

「ホテルの名前がかわったから、わからなかった」って言い訳するのよ!

と。ぼやきながら現れました。

 

実は、うちのドライバーも「タージマハルホテル」というと

「???????」という顔になります。

夫いわく、「タージマンシン」と言うと通じるよ、言っていたので

そういういい訳もありかもしれません。

 

 

 

・・・・と、いう話を別の友人としながら

ドライバーに「メリディアンホテルに行ってね」と指示し、

「イエス、マダム。メリディアン」と返事をもらい

車の中でインドのあれこれ話で爆笑していたら、

着いた玄関、モーリアシェラトンホテル・・・・・・。

 

最初の一文字、  しか一致してませんが? (笑 

 

こんな天然っぷりもよくある話(笑 

banner2ma.gif にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村


nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

日本人なんですが~~~~!? [マダムっぽい生活 in インド]

 

地球の歩き方にも載っているお店

セントラル コテージ インダストリーズ エンポリウムに

日本からのお客さんを案内したときのこと・・・・。

 

インド各地のみやげ物が並んでいる店なのですが、

買い物の仕方が独特なので、ひととおり説明してから

自由に見てもらうために、少し離れて行動していました。

 

ひとりで銀器を見ながら「きれ~だな~」と見とれていると、

すぐそばに、3人で頭をつき合わせている、どこかの日本人のおっさん観光客。

 

注文する場所

お金を払う場所

品物を受け取る場所

全部分かれているので、その過程を確認し合っている様子。

 

ふと、顔を上げたとき目があったので

「こんにちは」と挨拶すると

「あ・・・ああ、こんにちは」と、返してくれた後

3人でコショコショモニョモニョと話し始め

「あの人に聞いてみればいいんだよ」と、私の方に歩いてきました。

 

支払いの場所がわからないのかな? と思ったので

キャッシャーカウンターを指差そうとした、そのとき

おっさんが発した言葉は

 

 

「日本語わかりますか?」

 

 

 

・・・・・・・・おっさん・・・・・・・シバくぞ! 

 

【 参考情報 】

Central Cottage Industries Emporium

( A Government of India Undertaking, Ministry of Textiles)

政府系の特産品販売所:定価販売なので安心

  HP ↓

www.cottageemporium.in

 

 

次回は日本語のできるインド人(マニプール出身)のふりをしてみようかな?

banner2ma.gif にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ


nice!(7)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

マダムはパシリを卒業したざます [マダムっぽい生活 in インド]

 

インド生活が始まった頃、洗剤などがなくなると

「マダム、食器用洗剤がなくなったから買ってきて」と

メイドちゃんからおつかいに行かされていた私。

 

インドって、電話一本で商品いっこでも配達してくれますが、

電話した後、「いつ来るの~?」と、

3時間位待たされることもよくあったので

めんどうくさがりのマダムはお買い物に行ってました。

 

・・・が、今年になって

近所にとても感じのイイお店を開拓[るんるん]

小さなお店で、店長と店員、合計3人ですが

電話すると、かならず30分以内に配達してくれるし、

商品が無くて、遅くなりそうな時は

「夕方入荷するんだけど、その後の配達でも良い?」と

確認してくれます。

 

今まではメイドちゃんに

「マダム、茶葉がない、砂糖がない」と言われたら

あわてて買いに走っていましたが、今はメイドちゃんに電話を渡して

「何が必要? 足りないものを注文して金額を聞いてね」と言えば

すべてがスムーズに動いています。

 

まとまったお金をメイドちゃんに渡し、

買い物をお願いしても大丈夫、ということはなんと楽チンなことか・・・。

もうパシリは卒業!! やった~~~~!!

頭の中で、ドラクエのレベルアップの音が鳴り響く快感。

 

 

ところで、12月のデリー

早朝や夕方はとっても冷え込みます。

そんな中、外で働く人たちは暖を求めて焚き火をしたり

ヒーターのあるガードボックスに寄ってきたりしています。

 

先日の朝、

外掃除のおばちゃんが「ピンポ~ン」

「おはよ~、いつもありがとね~」

「マダ~ム、いっこお願い」

「何?」

「寒いから、チャイをちょっとだけ分けてください。マダムのチャイ」

 

 

私の朝は玄米茶やがな・・・・。

 

 

外の寒さと、おばちゃんの笑顔を前にして「ノー」と言えるはずも無く、

2杯分のチャイを作ります。

おばちゃんに紙コップを手渡しながら

ホンモノのマダムへの遠い道のりを感じましたの。

おばちゃん、働かない旦那と3人の子供を養うために

仕事をいくつも掛け持ち中。

 

体、大切にね。

 

 

寒い朝はチャイがおいしい

banner2ma.gif にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ


nice!(11) 
共通テーマ:地域
前の3件 | - マダムっぽい生活 in インド ブログトップ
メッセージを送る