So-net無料ブログ作成
検索選択
赴任準備とデリー生活 ブログトップ
前の3件 | -

食材調達事情(お肉、日本の調味料、お菓子など)  [赴任準備とデリー生活]

忘れないように、まじめ記事の更新です。

デリー赴任を控えている方、日本のどこかにいらっしゃったら

どうぞ左のカテゴリー「赴任準備とデリー生活」 からどうぞ。

 

インド人にとっての牛肉、豚肉についてですが

ヒンドゥ教徒は「牛は神様の御遣い」と、神聖視しているので食べません。

また、ムスリム(イスラム教徒)は、「穢れ」(けがれ)とみなすので食べまえせん。


 

よって、ノンベジタリアン(非菜食主義者)の食肉は

鶏肉やマトン(インドではヤギ)になります。

・・・・が、

牛肉、豚肉を手に入れる場所を紹介します。

 


 

その1 やまとや(日本食材スーパー)

日本のコンビニくらいのお店ですが

インターナショナルコンビニエンスストアと看板にあるくらいですから

種類こそ選べませんが、必要なものはなんとなく見つけられます。


 

牛肉、豚肉、鶏肉、魚、エビ、ちくわ、納豆 なども冷凍で並んでいます。

豚肉もミンチ、ヒレ肉などをカレーやトンカツなどに使っていますので

食生活もそれなりに何とかなります。

私はここで牛肉を買ったことがないので、味のことはわかりませんが

ステーキ用のお肉などもありました。

 

 

その他、お菓子、調味料、食器、洗剤など日本の商品が並んでいます。

ただし、値段は日本の3倍くらいになります。

輸送費や関税などを考えると仕方ないことですね。

インドの他の都市にはこんなお店は無く

もっと苦労していらっしゃるそうなので

やまとやさんがあるだけ、幸せだと思っています。



 

その2 バンコク、シンガポールへの買出し

デリー以外にもインド在住の日本人は

バンコク(タイ)・・・伊勢丹、フジスーパー

シンガポール・・・明治屋 

などに出張、旅行(骨休め)に行き、

そこで日本食材などを買い込んできます。

 

 

その他

豚肉屋 pigpoo(ピグポー)・・・デリーにある肉屋。豚肉と鶏肉を扱っています。


その他の食肉店・・・ヤギ肉を「マトン」と呼び、料理にも使うのであちこちで売られています。

外国人が多く利用する高級スーパーには輸入のハムなどもあるので
 

お金さえ出せば、ある程度の物は食べられるようになっています。
 

実際に来てみると、日本で想像していたより物は豊かでした。
 

最近では家の近所の小さな店にも

キッコーマンしょう油があります。

 

ビバ! 和食!

 

もう赴任準備も怖くないでしょ? 

 banner2ma.gif にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ


読んでいただき、ありがとうございます。


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

季節と気温 [赴任準備とデリー生活]

 

 

旅の指さし会話帳〈22〉インド(ヒンディー語) (ここ以外のどこかへ!)

旅の指さし会話帳〈22〉インド(ヒンディー語) (ここ以外のどこかへ!)

  • 作者: 岡口 良子
  • 出版社/メーカー: 情報センター出版局
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 単行本


 

上記の本によれば



3月中旬~5月中旬を「春季」

5月中旬~6月中旬を「夏季」

6月中旬~8月中旬を「雨期」

8月中旬~11月中旬を「秋季」

11月中旬~1月中旬を「冬季」

1月中旬~3月中旬を「寒季」



このように分けています。


私自身の感覚としては 

基本的には3月中旬から10月中旬まで夏!  

 

時期によって乾燥していて過ごしやすかったり、

湿気が多く、蒸し暑さを感じたりしますが

家の中でエアコンを使ってやり過ごしています。


 

移動は殆ど車を使い、店舗などもエアコンが効いていますので

日常生活に困るほどの暑さは・・・・台所で火を使うときのみ。

(コックさんを雇っているととっても助かる・・・あぁコックさん、ほしいな~。)


 

秋はあっという間に過ぎ、冬季~寒季の間は

日本の冬のように寒くなります。

雪こそ降りませんが、室内では暖房器具を使い

長袖を着て過ごしています。



日本からホットカーペットを持ってきて使っている方もいらっしゃいます。

大理石の床は足元から冷えてくるので、ホットカーペット有効です。

ただ、活躍時期が短いので、床に座り込んで遊ぶような

子どもさんのいる家庭なら、持ってくる方が良いでしょうが

椅子生活で十分な大人だけの生活なら、なくても困りません。

犬猫を飼っている家では、お犬様、お猫様にとって、大切な場所のようです。

(変圧器を通せば、コンセントの形状や電圧が違っても使えます)

個人的には湯たんぽを持ってくれば良かったな、と感じた冬。

 

エアコンやオイルヒーターだと、寝ている間に空気が乾燥しすぎて

喉がつらかったもので・・・。

 

蒸し暑い時にホットカーペットの話なんて・・・(笑→ banner2ma.gif
トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

蚊取線香 電気蚊取 [赴任準備とデリー生活]

以前も一度、記事にしましたが、赴任準備のために迷う方が多いそうなので

もう一度見直してみました。  過去記事はこちら → 「蚊取線香あれこれ」

 

蚊が媒介する病気があるので、どの程度買えば良いのかと

ドラッグストアで腕組みする方も少なくないようですね。

こちらで作られている蚊取線香は殺傷能力が低く、

追い払う事を目的としたもののようですが、

これを玄関や窓の外で使って、煙で追い払うだけでも

ずいぶんと効果があります。


どうしても入り込んでしまった時は日本の蚊取線香で昇天してもらいましょう。

4月~6月 くらいは暑すぎて蚊も出ませんので

蚊取線香の出番もそれほど多くありません。



家の外でインド製蚊取線香をたき、

室内ではインド製電気蚊取を365日つけておけば

家の中で蚊に悩まされる事は少ないように思います。

また、日本製の アースノーマット取替えボトル を

インドの電気蚊取に付けて使用できるそうなので

どうしても蚊が入り込んだ時用に、持ってこられても良いでしょう。



アースノーマット取替えボトル

       ↓

http://www.earth-chem.co.jp/top01/hae_ka/nomat_kae/30.html



その他に電気ショックで蚊を打ち落とす「電撃蚊取ラケット」があります。


日本でも電池式のタイプを買えるそうですが、

こちらで打っている物は充電式でなので、結構役立ちます。

 

蚊を室内で見つけた時は、見つけた一人は蚊に視線を合わせたまま

「ラケットくださ~い!」

 

もう一人がラケットを取りに走り

「ハイ!」

 

バリバリ!! バチバチ!!!! 

「よし、しとめた」 

 

これで、我が家の平和は守られております。

 

  banner2ma.gif  人気ブログランキングに飛びます。クリックありがとうございます

 


コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の3件 | - 赴任準備とデリー生活 ブログトップ
メッセージを送る